タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

人の思いと神さまの思い

2007.02.09(00:50) 89

私は今、マルコによる福音書を読んでいる。聖書を読んだり読まなかったりのグータラ!クリスチャンだが、最近テキストによって読みやすくなった。

ちょうど今はイエスさまがエルサレムに向かわれる所だ。今まではゆっくり歩いておられたのだろうか?弟子達の後を歩いておられたらしく、この日…。

「イエスは先頭に立って歩いて行かれた。弟子たちは驚き、また、あとについて行く者たちは恐れを覚えた。」(マルコ10:32)

イエスさまには使命があったのだ。私たちの罪の身代わりとして、無実の罪のために十字架の刑を受けるのを目前にしておられた。だから、目をエルサレムにしっかり向け、先頭を歩まれたのだろう。
…しかし、そんな重大なことが起ころうとしているとも知らず、弟子たちはナント!地位争いをしていたのだ。抜け駆けしようとした二人の弟子に、他の弟子たちはプンプンのプン!
人類は今に至まで進化していると思っている方々。2000年前から人は変わらない争いをしているのだ。今の新聞をにぎわしている事柄は、ほとんど聖書の時代からあった。

神さまと人間とはかくも次元が違うものなのか?(-_-#)呆れて物も言えない…でも、そこはイエスさま。ちゃんと応えて下さっている。後に弟子たちの変えられる事を信じて…。
私たちは、どんなにしても全体や未来を見る事は出来ない弱く、かつ自己中心な者なのだ。

しかし、それでもイエスさまは私たちを愛して下さっている。本当に感謝だと思う。なぜなら、もし少しでも条件付きならば、私には愛される自信も資格もないからだ。
スポンサーサイト


■ぴーちのきながな毎日■


<<★臨時休業のお知らせ | ホームへ | 謙遜な感謝の心>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piti8139.blog78.fc2.com/tb.php/89-092bcf01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。