タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ここに愛が…

2007.02.04(00:19) 87

今朝は珍しく落ち着いた気持ちの中で、穏やかな目覚めだった。
病気柄、寝起きは動悸を覚える事がほとんどだからだ。しかし、それも長年の習慣になっているので、普段もう驚く事もない。

しかし今朝は違っていた。起きたと同時に、聖書の言葉が浮かんで来たので、急いでノートに書き留めた。

「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。」
(第一ヨハネ4:10)

今日はそれから起きて、夫と喫茶店に出掛けていろんな話しをしたのだが、私の体力電池がもたなかったので、早めに切り上げて帰った。
最近、我が家は娘の大学費用を巡り窮地に立たされている。予想よりも遥かに早く手数料率が下がり、折りからの地方公共事業切り捨てによる、建設業者の解約も痛かった。
夫の苦しみも分かるので、私ももう少し動けないか?と試みていたが、今以上に動けば体力電池の消耗が早くなるだけで、かえって寝込む時間が長くなるだけだとわかった。
動悸と戦いながら寝て居て、私は今朝の聖書の言葉を繰り返し思っていた。

私が頑張って神さまを愛したり信じたりしているのではないのだ。神さまが先ず私たちを愛して下さっているのだから、私はもう全面的に委ねる事に決めた。もし、決めなかったとしても私の身体は動く訳でもなく解決する訳でもないのだから、「ここに愛がある。」と言われるイエスさまの愛に委ねて行こうと思う。
スポンサーサイト


■ぴーちのきながな毎日■


<<謙遜な感謝の心 | ホームへ | ひそかな願い☆彡>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piti8139.blog78.fc2.com/tb.php/87-377cd446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。