タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ひそかな願い☆彡

2007.02.03(04:33) 86

夕べもまた親友と話し込んでいた。私たちの話しに限界などない(笑)。なぜならイエスさまに限界がないからだ。

私たちは、いつもいつもイエスさまの話しをしている訳ではないが、根底にある考え方や生き方の基本が聖書にあるので、それを抜きにして話しをすることは難しい。
同じクリスチャンの中でも、必ずしもこのように何でも話したり相談したり、意見を言ったり、また聞いてもらえる人は少ない。クリスチャンにもいろんな個性があるからだ。
しかし私には、このような類い稀にみる親友が与えられた事を、心から神さまに感謝する。

実は数年前、私には一つの願いがあった。それは「真の親友がほしい」と言う事だった。当時、私には自他共に認め、回りの誰にも知られている親友がいたのだが、大きな価値観の違いがあり惰性での付き合いになっていたので、本心では内面的な話しの出来る友達を、ひそかに求めていたのだ。
彼女とは、どちらかが何か言ったら二度と取り返しの付かない関係になると予想出来たので、お互いに核心部分には触れないようにしていた。
しかし、そんな時にひょんな事から絶交にまでなってしまったのだ。最初は、修復しようと頑張ってみたが、予想通りそれは無理だった。泣いた…。

その数年後…私は今の親友に出会った。彼女には素晴らしいところはたくさんあるが、一番は「イエスさまをこよなく愛してる事」だ。クリスチャンなら誰でもイエスさまが好きだが、彼女の思いは純真で幼子のような可愛いらしさがあるのだ。

私たちは、ほとんどの時間笑っている。そして、後はいろんな問題を持っている人たちに、幸せになってほしい!と言った話しをしている。

もちろん、お店の話しやオークションの話しも欠かせない話題だ。こんなにも、多彩な話しのできる友達が他にいるだろうか?

イエスさまは私に素晴らしい友達を与えて下さった。それは、あの日の私のひそかな願いに応えて下さったのだと思っている。
スポンサーサイト


■ぴーちのきながな毎日■


<<ここに愛が… | ホームへ | 決して…>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piti8139.blog78.fc2.com/tb.php/86-fc2b4185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。