タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

予期不安退治は、感謝の力で…。

2010.03.05(00:50) 419

インターネット放送で、ある牧師先生のお話を通して、精神的な問題と向き合うチャンスが与えられた。

不思議なことだが、私にはパニック障害があるのに、てっきり予期不安はないと思っていた。

人によっては、パニック発作よりも、予期不安の方が怖いと感じる人もいる。

先日来、ある状況の中での、不安や恐怖や不快感が、予期不安ではないか?と思うようになった。

ずっと以前から、その苦しい不安や不快感に悩まされて、調子を崩してしまっていたのだ。

恐れるべき実体がないのに、不安や恐怖に悩まされるのは、やはり自然ではない。

そこで、予期不安を起こした時に、その状況を出来るだけ冷静に見て、感謝する事にした。

寝込みに、動悸や呼吸が苦しくなる時に、出来るだけゆっくり息をして、
「こうして、新鮮な空気が吸えることを感謝します。」
「こうして、ゆったり眠れることを感謝します。」
「こうして、イエスさまを信じることが出来て、天国に行けることを感謝します。」
「イエスさまが私を愛して下さっていることを感謝します。」

などなど、動悸が収まるまですると、楽になってくる。


また、春風が窓を激しく叩いていると、異常な不快感と虚無感が来る。
(他にもいろいろ…窓から空を見ただけでも、そうなる日がある)

そんな時も、
「春風が吹いて来たことを感謝します」
「空が青いことを感謝します」と祈る。

すると、不安や憂鬱にならずに起き上がって、動き始めることが出来る。

嫌々「感謝する」と言う行為に意味があるのではなく、心から感謝する事によって、
神さまの恵みに目を向けて、正しい現状の把握が出来るようになる。

もっと簡単に言えば、
「感謝する事によって、神さまの恵みで心を満たして頂く」かな?

イエスさまの恵みによって、認知療法をしているのかな?と思ったり。

パニック状態の中でも、感謝の力によって、楽になってくる。
まさに感謝!


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


■ぴーちのきながな毎日■


<<天には、音信不通はない! | ホームへ | ひとりひとりに、寄り添う神さま>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piti8139.blog78.fc2.com/tb.php/419-cd0e16e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。