FC2ブログ

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

天国への道標

2018.02.13(13:05) 1772

aiut


こんにちは〜(^^)

今回の風邪は、夫と一緒に大分籠もってました。

やれやれ〜もう、うんざりだなぁー(´;ω;`)

私は、咳が残るくらいで元気になりました。

夫も、やっと何とか元気を取り戻しつつあるようです。

でも昨日は、夕方に訃報が入って来ました。

夫が、若い頃から親しくしていた友達が亡くなったと言う知らせです。

私たちの結婚式にも出席してくれて、その後も私は数回会いましたが、

夫は、松江で仕事がある時には、よく立ち寄っていました。

その時は、お昼ご飯を一緒に食べたり、近くの温泉に行ったりしてました。

肺がんが発覚してからも、温泉に行って話していましたし。




彼は、とにかく頭の冴える仕事人でした。

父親の事業を継いだだけではなく、株取引や健康食品、不動産取引、

アパート経営などなど、いろいろ多角経営をしていて、リッチでした。



でも、私は会って話すとマシンガントークの仕事話ばかりで、(数時間も)

「何という疲れる人だろう」と言うのが印象的でした。

酒癖も悪くて、たまに夫にも絡んで来たり、人に怒鳴ったりもありました。

しかし、最後の入院中に夫が行くと「拝んでごせや」って言ったそうで、

夫は、行く度にお祈りして帰りました。

その時に、死期を悟った彼がこう言ったそうです。

「自分は、人生は長いと思っていたけど、短かったわ」と。67歳かな?



そのため、夫は元気がありませんが、さっき葬儀に出かけて行きました。

人生は、儚い…でも、それは他人事だと思っています。

夫も私も、覚悟を決めつつ、与えられた今日を感謝して生きて行きたいと思いました。

そして、一番大事な「天国への道標」の役をしなければいけないんだ!と思いました。

誰でも?全員が自動的に天国に入れる訳ではないのですから。






スポンサーサイト


■ぴーちのきながな毎日■


<<命がけの愛の中で | ホームへ | 凍結>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piti8139.blog78.fc2.com/tb.php/1772-d1f1191f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。