タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

イタリア村到着

2007.08.10(01:17) 160

今、私は予定通り、岐阜の娘のアパートにいる。今日は名古屋のイタリア村に行って来た。

私はショッピングよりも、その方が海が見れてよかったので同意した。
前回、来た時にはほとんど寝ていたので、娘にとって私の元気な姿はビックリ!だった事だろう。

しかし、名古屋は遠かった…。出掛ける前に、私は迷子になる自信があったので、お祈りしてから出発した。前回同様ちょっとだけ迷った…と思った。事前に地図で調べたが、いつも詰めの甘い私たちである。
私は大体の方向で走るのが好きらしい…?「多分、名古屋はあっち!」もちろん地図で見たので、全くのでたらめではないのだが。

名古屋駅を見つけた時には「やっぱりね(^O^)v」って感じだった。「太陽がこの上にあるんだから、大丈夫!」とか「前の雲が海っぽいし」と、ここまで読んだ方は、私と一緒には旅行したくないと思われた事だろう。

ところが、やはり…やはりか…?近くになって、迷子になった!?
かと思ったところが、イタリア村の真ん前だった(笑)。だから、当然のごとくどうやって着いたのか?は知らない(笑)。
帰りは、親切な駐車場のおじさんの言いつけ(2度も復唱してくれた…ありがとう!)を忠実に守ったので、ちゃんと岐阜に帰れた。

今回も、やっぱり旅行は人生みたいなものだと教えられた。大体の道を知っていても、迷うものだ。もしくは、正しい道を進んでいても不安がよぎる。
大体、大丈夫!と思ってもどことなく不安になるのが、人間の特徴なのだ。聖書では、人間の事を羊に例えられているが、理由は明白である。性質が似ているのだ。
群がるのが好き。羊飼いがいないと迷子になる。転んだら起きれない。
そして羊飼いの中の羊飼いが、イエスさまだ。

「主(イエスさま)は私の羊飼い。
私は、乏しいことがありません。
主は私を緑の牧場に伏させ
いこいの水のほとりに伴われます(詩篇23:1~2)」
スポンサーサイト


■ぴーちのきながな毎日■


<<星の数程の幸せ | ホームへ | 祈られて。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piti8139.blog78.fc2.com/tb.php/160-6cbba962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。