■ぴーちのきながな毎日■

不安神経症うつ症状、パニック障害を抱えつつオークションをしています。恵みによって生かされてるクリスチャンの日記です!

Entries

まな板の上の鯉


見切り品で買った「桂華」と言う花です。

地植えにしてましたが、鉢植えだと知り、また鉢に戻しました。






おはようございます…。

今はまだ朝です。

今朝はたぶん5時ごろ、気持ち悪く起きました。

嫌な気持ち…左胸辺りが気持ち悪い…足先までビビっている…。

そんな感じで起きましたので、イエスさまに祈っています。

「イエスさま!苦しいです!辛いです!

でも誰も私を助けることは出来ません。

私も、私を救うことは出来ません。

あなただけが私を助けることが出来るお方です!

今日を生きる力を与えて下さい!」と。




ただ、こんな状況にも関わらず孤独は感じていません。

これに関われるのは、神さまだけ!だと分かっているからです。

周りの人たちの祈りや、助けは必要としていますが、

誰も私に代わってはくれないし、誰もこれを完全に理解して、

救ってくれる人はいないと知っているからです。

イエスさまだけ!

(私はこの事を長年の苦しみの中で、ハッキリと知りました)




目に見える人や、自分に頼りたいのはやまやまだけど、

もうそれはやめました。

自分で自分を救おうとすることさえやめました。

絶望的???

いえ!そんな時にこそ、神さまが働いて下さる出番なんです。

私はただ、まな板の上の鯉…。

イエスさま、ありがとう!




さて、お祈りは終わりましたが、まだ少し早いですから寝てみます。

隣の部屋から、イビキが聞こえる~

夫かな?お嫁さんかな?(お嫁さんの部屋が隣なので)


朝だけど、もう疲れたなぁ~(笑)


スポンサーサイト

Comment

ぴーちさんへ 

続けてコメントしてしまってしつこいですが…(笑)
本当に不思議と共感できることが多くて。

私はこれまで調子を崩したり回復したりを繰り返していて、今までは(クリスチャンになってからも)きっと誰かが助けてくれる!助けてほしい!わかってほしい!ばかりだったんです。

でも今回調子を崩して、長引いているし今までよりも重い感じで。小さい子供が二人いるので心身共に負担が多かったのだと思います。色々な病院に行きました。心療内科も内科も婦人科も。色々ネットで調べたり、信仰書を読み漁ったり。色々な人に話も聞いてもらいました。結果気づいたのは、「いくら家族や近い人でも私の状況を理解できる人はいない、誰も助けてはくれない。私は私の体に責任をもって自分で何とかしなきゃいけないんだ。」

でも最近になって気づいてきたのは、「自分でどうにかするにも限度がある。」ということでした。

まわりの祈りや支えにはとても励まされるが、それで癒されることはない→自分で自分に責任をもってなんとかしなきゃ→やっぱり自分ではどうにもできない、神様お願いします!

こういう経緯がきっと必要だったんだと今思います。

私はきっと依存心が強く周りの人になんとかして欲しいという気持ちが強いので、それには限度があると知った時、とても孤独で怖くなりました。この世は私一人きりなんだと。今はまだぴーちさんのように完全にイエス様により頼むことを理解できていないので、孤独を感じることがまだあります。きっと時間が必要なのかと思っています。とりあえず今は、自分で頑張ろう(私の癖です)とし過ぎず、辛い時は無理せずお薬の助けも借りて過ごしています。

ぴーちさんは変えられたきっかけなどありましたか?
  • posted by みこ 
  • URL 
  • 2017.04/18 17:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Mさんへ 

いえいえ、どんどんコメント下さいね。

辛いですね。。。子育て中は、我慢してでもしなきゃいけな事もたくさんありますので。
うつ病の人や、不安神経症の人には「私を理解して下さい!」と言う欲求が強いように思います。
周りの人の助けは、とっても必要です。孤独は、病状をさらに悪化させてしまうからです。

でも、分かって~って思いも虚しく、全部を理解してもらうことは難しいですよね。
誰しもも自分の経験でしか分からないのですから。仕方のないことです。
そんな時に、本当に全てを理解し、愛し癒して下さるのは、イエスさまだけだ!
と気づく時なんです。

私が、イエスさまの愛に気づいたのは、病状が悪くて寝ていて、孤独で、ぼんやりと外を見ていた時でした。
「あ、、、こんな何も出来ない私なのに『愛されてる』気がする・・・」とふと思いました。
その時、初めて「何も出来ない私を!愛されてるイエスさま」を感じました。

それからも、不安や動悸や恐怖は来ますが、根底に「神さまの愛」があるようになりました。
徐々にです。一歩一歩です。
インスタントラーメンのように、一瞬で出来て終わる出来事ではありませんでした。

最近のように、症状から自由になったのは、1、2年前からです。
症状が来ても、どん底に落ちることがなくなりました。
ふわっと、起き上がれるようになりました。
無理をして賛美を聞いたり、本をよんだりしている訳ではないですよ。
気が向いたら、メッセージを何回も聞いたり、不調の時には休み、気が向けば賛美を聞いてます。
ん??ぐうたら生活?(笑)
  • posted by ぴーち 
  • URL 
  • 2017.04/20 09:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事ありがとうございます。 

ぴーちさんのご経験を聞いて、とても励まされました。神様は奇跡を起こせるけれど、忍耐を持たせて待たせる方法で与えられることが多いですね。きっと私たちにはその必要があるのですね。

病の時でも、根底に神様の愛があるようになった・・・
それは大きい一歩だったんでしょうね。
素晴らしいです。
私もぴーちさんのように一歩一歩、
神様の愛に近づいて行けたらいいな。

私は洗礼を受けたのが長男が生まれてすぐだったので、それからずっと忙しさや余裕のなさもあり満足にデボーションもできていませんでした。
今、やっと少し自分の時間ができたので初めて静かに神様と交わる時間を過ごせています。


  • posted by みこ 
  • URL 
  • 2017.05/13 10:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

みこさま 

ホント!一歩一歩ですね〜

毎日生きるのが、普通の人よりも大変ですよね。

普通に生きるだけでも凄い!(笑)

その上クリスチャンとして、生きるのも恵みがないと大変!

でも、この中でしか会えない人たちもいるし、味わえない感謝もあります。

時々、止まってしまったかな?って言う時もあるけど、

ちゃんと神さまの愛で包んで下さっているって分かりますよね。

(後で…笑)

これからもよろしくお願いします( ^ω^ )
  • posted by ぴーち 
  • URL 
  • 2017.05/13 17:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ぴーち

Author:ぴーち
田舎でのんびり生きている私ぴーちの、のんびりした毎日です。
不安神経症を抱えつつ、洋服のオークションとフリマをしています。

最近の記事

右サイドメニュー

月別アーカイブ