■ぴーちのきながな毎日■

不安神経症うつ症状、パニック障害を抱えつつオークションをしています。恵みによって生かされてるクリスチャンの日記です!

Entries

心地いい言葉と心地悪い言葉


画像はお借りしてました。





おはようございます♪( ´θ`)ノ

予想に反して、はっれ~~

今朝は、恐ろしく寒かったですね。

寒いっ!寒いっ!と思って起きました。



ふと、先日友達と話していて思ったのですが、

最近、同病の人(精神的な病気)から聞く事で、嫌な言葉があるな~と。

それは、「元気な人には、この気持ち分からないよね~」

って言葉なんですが、理由は私が昔よく言ってたからです。

それはきっとあまりに苦しかったからだと思いますし、

当時は、なかなか理解してもらえない病気だったからだとは思うのですが、

その言葉の中に、自己憐憫的な気持ちがこもっているかなぁ?

自己中心的なニュアンスを感じるかなぁ?

そして、傷の舐め合い的な甘えを感じるからかなぁ?

今、聞くとなぜか?嫌な気持ちになります。




確かに「この苦しみは健康な人には分からない」とは思いますが、

私も、その健康な人の「仕事や家庭の悩みは分からない」のです。

多くの責任を負って、頑張っている人の大変な苦悩は分からないですし、

そう言う多くの人に支えられて、今の私の生活もあると分かるからです。

そして、今の時代には気持ちが病んでいない人が少ないと思います。

ほとんどの人が、いろんな事に傷ついて悩んでいるんですよね。

病気になってしまった私だけが特別に大変な訳ではないんです。


逆に気持ちのいい言葉の代表は「ありがとう」ですね。

あの苦しい時期に、私に一番足りなかったのは感謝の心だったと思います。

口先だけの挨拶ではなく、心からのありがとうが大切でした。




そして、一番私の気持ちを変えてくれたのは、

神さまが私の気持ちを全て分かって下さっている事実です。

聖書の言葉の中に、いつも私にぴったりの受け答えがあり、

私の心を癒して下さるんです。



例えば、私には「見捨てられ不安」があるのですが、聖書の言葉で癒されてました。

「わたしは決してあなたを離れず、あなたを捨てない」

と言う言葉です。




もう、自分だけで自分の病気や人生を背負って生きなくてもいい。

もう、誰かに理解してもらわなくてもいいんです。

イエスさまと一緒に軽い荷物を持って、人生を歩んでいるので幸せになりました。

あー感謝ー(*'▽'*)



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ぴーち

Author:ぴーち
田舎でのんびり生きている私ぴーちの、のんびりした毎日です。
不安神経症を抱えつつ、洋服のオークションとフリマをしています。

最近の記事

右サイドメニュー

月別アーカイブ