タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「ありがとう」の恵み

2007.06.13(00:43) 131

この所、元気満々で毎日のようにレボンに出勤したり、オークションの画像を撮ったり、バタバタしている。

数年前に妹が入院した時には、手術の日にしか行けなかった事を思えば、今はとっても!元気だと言える。
最後まで私が元気になった事に気付かなかった息子でさえ、「うん、元気になったね~」と認めざるを得ないくらいに、明るく元気だ。
息子が最後まで気付かなかったのは、勤務の関係であまり会わなかったからだ。
でも、今日言われた…。
「母さん!夜中にあんなに大きな声で歌を歌わんでよ~(>_<)」
私は深夜?いえいえ夜中に賛美を歌うのが楽しみなのだ。苦しかった頃には、歌など別世界の物のように感じた。なぜなら、私が苦しかった時に階下で聞こえるばあちゃんの歌う童謡を「うぅ~苦しい~ばあちゃんが元気なのは感謝だけど、うるさいよ~」と思ったからだ。
理屈では分かっている。ばあちゃんが歌が歌える程に元気なのは有り難い事だと…。でも、私はそれどころではないのだ。

そんな私が、息子に文句を言われる程に賛美を歌える事に、しあわせを感じる。

みんな、どんな事でも「当たり前」の事などないのだ。とかく最近では「権利」を当然のように主張する風潮にあるように思う。勿論、当然の権利もあるのだが、義務との兼ね合いを考えながら、権利に対しても当然の事に対しても感謝の気持ちを持ちたいものだと思う。

「ありがとう!」
スポンサーサイト


■ぴーちのきながな毎日■


<<じゅうたんの裏側 | ホームへ | 最期の日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piti8139.blog78.fc2.com/tb.php/131-c42f395a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。