■ぴーちのきながな毎日■

不安神経症うつ症状、パニック障害を抱えつつオークションをしています。恵みによって生かされてるクリスチャンの日記です!

Entries

ある保育士の死

先日、母を乗せて走っていた時に母がしきりに辺りを見回して「この辺で52才の人が亡くなられたにぃ~」と言っていた。

私はさして気にも留めずにいたのだが、この前、息子の同級生のお母さんと話していたら、その人が娘の保育所時代の先生だってわかりショックを受けた。卵巣癌の末期だったそうだ。

娘はほとんど覚えていないらしいが、甘えん坊だったので、とても優しくしていただいた時の笑顔だけが目に残った。

そんな風に亡くなる方はたくさんいらっしゃるだろうと思う。しかし、イエスさまを知らないで亡くなられる人は、どんなに悲しく孤独だっただろう。怖くて不安だっただろうと思うと、悲しくてたまらない思いになった。

誰もイエスさまの愛を知らなかった。十字架の恵みを知らなかった。
悲しくてならない。私も卒園以来会った事はなかったのでいつもなら、気にも留めなかっただろうと思う。

しかし、私はこの出来事を通して、この私の人生の中で、微力ながら恵みの力と愛によって、使命に生かされたいと強く願った。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ぴーち

Author:ぴーち
田舎でのんびり生きている私ぴーちの、のんびりした毎日です。
不安神経症を抱えつつ、洋服のオークションとフリマをしています。

最近の記事

右サイドメニュー

月別アーカイブ