タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

愛に…。

2007.05.27(23:49) 121

私にとって小さい頃から、「生きる」とか「死ぬ」とかが隣合わせだったのは、病気を持っている子どもならまだしも普通の子どもとしては変わっていたのかも知れない。

生命力が弱かった…だからいつも強がっていた。世間が怖かった…大人が怖かった。大きな音が怖かった…雷と犬が怖かった。
私にとっては回りの些細な事が恐怖だったのだ。その反動でか?とても強がってリーダーシップを取るような目立ちたがり屋だった。

そのギャップが後に私の精神状態を狂わせる1つの要因になったのかも知れないと思う。

今、精神的な苦しみから解放されて「残された人生をどう生きるか?」を考え始めている。おそらく普通の平凡な人生では、生きて行けないだろうと思う。いろんな楽しみもわがままも悪事?もそこそこ経験した。
そこには一時的な満足や快楽しかなかった。

私はイエスさまを心から賛美し礼拝し、その愛に感謝しつつ生きる以上の幸せを知らない。
スポンサーサイト


■ぴーちのきながな毎日■


<<ある保育士の死 | ホームへ | 生かされている意味>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piti8139.blog78.fc2.com/tb.php/121-37c65936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。