タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

同窓会幹事会!ふにゃけた個性派ぴーち!

2010.11.29(14:09) 482

校舎

土曜日には、中学校時代の同窓会幹事会に行って来た。

人によっては、卒業以来会っていない人もいる。
面影を追って誰かを判断する。。。w
ほとんどの人は分かったが、知らない人もいる(誰だろう?w)

とにかく半世紀も生きたので、見かけが大人になり過ぎている。
(前向きな言い方・・・)

さて、その中でクリスチャンとなった自分を見ると、面白い。

当時は、「しっかり者」で「負けず嫌い」「真面目(たぶん)」「攻撃的」で「個性的」だった・・・はず?
現在は、「ふにゃけている」「くだらない事で笑ってばかりいる」「個性的」だと思う。????

「個性的」だけは変わらないが、個性も多分違った意味合いの個性になったと思う。
神さまは、一番良いように変えて下さった。

第一、自分が一番楽だ!鎧兜をつけなくてもいいから。。。
バカならバカで良いのだから。。。あるがままで、そのままで感謝!


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

光あれ!

2010.11.26(09:34) 481

hikari

昨日は、雲行きが怪しい、あいにくの天気だったが、気分良く目覚めて感謝だった。
(軽い動悸はあるが、慣れているので問題ない)

寒くなって来た曇り空を見上げながらも、「感謝します!」と言える喜び。
鬱や、パニック、不安に支配されていない事が何より有り難かった。

それに「祈る事」の出来る幸せ…。
現状に振り回されて、希望を失う必要はないのだ。
暗闇に「光あれ!」と言われたお方に、期待して行こうと思った。


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

強風に。。。

2010.11.16(01:00) 480

多分、今のところ私の調子は良いんだと思う。

秋口の、酷い鬱のことを思えば、今は天国?。
でも、その中でもバタバタと動き回っていたので、どうやって生きていたのか?よく分からない。

結局、あの日々の中でも、イエスさまが支えて下さっていて、通り過ごさせて下さったんだと思う。

見える所でも、見えない所でも、私はイエスさまに守られ、支えられ、愛されている。

先日、数年ぶりのパニック発作が来た。
お昼寝起きに、「強風」が吹いていて、その恐怖でいたたまれなくなった。
「強風」なんて普通にあることだが、その日の寝起きには、異常な恐怖を感じた。

しばらく台所で立ち尽くし、やっとの思いで友達に電話してお祈りしてもらい、収まった。
「誰に言おう?誰に言おう?」
「どこに行こう?どこに行こう?」
「どうしよう?どうしよう?」

普段の私から見て、この状況は誰にも理解してもらえないと思った。
なぜなら、私はいつも疑われていたからだ。
自分でも自分が分からなくなり、この鬱状態も、このパニック状態も、私が作り出したスケープゴートかも知れないと疑った。

だから、パニックより鬱よりも、自分が偽りであることを非常に恐れていた。
しかし、現実にはパニック状態も、鬱状態も、倦怠感も偽りではない。

イエスさまに愛されていることの事実に、私の全ては守られている。


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

大いなる方に感謝!

2010.11.15(19:53) 479



主よ!主よ!

私はあなたの前に涙します!


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

植えられた場所

2010.11.15(01:14) 478

ホームページ、ブログ、Twitterやfacebookなどなどで、日本の…世界中のクリスチャンが祈り合える時代が来た。

必ずしも良いことばかりではないかも知れないが、少なくとも教会が閉鎖的な空間ではなくなって来たことは、素直に喜んでいいと思う。

教会や聖書、クリスチャンに関心のある人々が自由にメッセージを聞くことが出来る。

しかし、ひとつだけ…教会に所属するのに、選ぶことが難しいかも知れない。

それぞれの人に、神さまの召された教会があると思う。
でも、それさえ心配は無用だろう。神さまは全てご存知なのだから。

私は、ラジオ放送ルーテルアワーで聖書に興味を持ち、三浦綾子さんの本を探して、キリスト教書店CLCに行き、そこで教会を紹介してもらい、一麦教会でクリスチャンになり、帰省して現在の教会にいる。

自分で、このルートを選ぶことは出来なかった。
正に、神さまが導かれたとしか言えない。

私は、植えられた場所で、精一杯自分らしく咲こう!


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

忘れる恵み?

2010.11.05(00:42) 477

最近、物忘れが多くなったが、たまには良い事もある。

それは、「嫌だったこと」「苦しかった」も忘れてしまうことがあるからだ。
以前は、嫌なことをほとんど覚えていた。
もちろん、今でも嫌だったことに限って、覚えている事柄はあるが、かなり忘れてきたので、その時の雰囲気までは、思い出せない。

ただ、昨日は久しぶりに「ふっ」と思い出して「ん?」と思った。
それは、100均のクリスマス用品。

なぜだろう?あの赤と緑のコントラストの造花を見て「嫌だったクリスマス」を思い出した。

クリスマスは、わたし達クリスチャンにとっては、イースターと共に、記念すべき感謝な日だ。
その意味合いは、深くて重くて、素晴らしい!

しかし、わたしは昔、クリスマスの準備に忙しくて、忙しくて、忙しくて、すっかりクリスマスが憂鬱になっていた。
月に5.6回あるクリスマス集会の、4~5回は何がしか担当していたからだ。
今思えば、もうウツ状態になっていたので、健康な人でも、きつかったかも知れない。

翌年、1月に病院に行って鬱病と診断された。

と言った訳で、すっかり忘れていたが、クリスマスカラーを見て、心が反応した。

でも、それは最近では稀なこととなって来た。
クリスマスの恵みも、クリスマス集会も楽しみだ。

神の子、イエスさまが人間として、私のために、この世に来て下さったのだから。。。


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


2010年11月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 同窓会幹事会!ふにゃけた個性派ぴーち!(11/29)
  3. 光あれ!(11/26)
  4. 強風に。。。(11/16)
  5. 大いなる方に感謝!(11/15)
  6. 植えられた場所(11/15)
  7. 忘れる恵み?(11/05)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。