タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ぴーちのきながな毎日■


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

旅人の帰国

2010.10.31(01:02) 476

とにかく、慌ただしい一週間だった。

娘の韓国人友達をゲストとして迎えて、家族みんなが笑い転げた。

面白いことを話す訳ではなく、ほのぼの系の人。
楽しかった~
わたし達がこんなに楽しかったのだから、多分ゲストも楽しんでくれたんじゃないかなと思った。。。

堅苦しく「もてなす」と考えると、あれこれと複雑になり、面倒にもなるが、一緒に過ごすと思えば楽しい。
もちろん、非日常ではあるが、わざとらしく作った非日常ではなく、自分達家族も楽しむ非日常ならば、旅行の類いと同じだ。

わたし達夫婦とは、出西窯やワイナリー、海を見に行ったり温泉、わたしの母とは食事やゲーセン、息子の友達とはカラオケなどなど。

娘と二人では、フォーゲルパーク、松江観光…などなど。

ユニークな家族は家族なりに、精一杯いわゆる「おもてなし」に励んだ。

最後、港に見送った時には寂しい気持ちがした。
無事に帰国するように祈る。

さて、来年1月には、島根県から、ユースの韓国人のホストファミリーを募集していたので、娘の強い意向で応募することにした。

旅人をもてなしなさい…ですねっ!


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

違い

2010.10.24(17:43) 475

喘息の人の気持ちは分からない。

蓄膿症の人の気持ちは分からない。

アレルギーの人の気持ちは分からない。

頭痛持ちの人の気持ちは分からない。

胃腸の弱い人の気持ちは分からない。

そして今や、健康な人の気持ちも分からない。

だから、助け合って行こう!

支え合って行こう!

それぞれが大切で、それぞれが異なっているからいい。


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

幸せの基準

2010.10.23(23:32) 474

朝一番に、ウツが来ないだけで、結構幸せだ。

どのくらい?って、少なくとも十分の一位は、苦しみが軽減する。
後は、活動した後の体のダルいことのみ。
と言っても、
「神さま!もう召して下さってもいいですが…」
って思うくらいに、ダルい。

うつ伏せでは寝られない。
寝入った頃に、息が出来なくなって、死ぬほど恐ろしい。
(って、死んだことないけど)
ちょっと横を向いて、眠くなったら、仰向けになって置く。

さて、寝起きは~。
しばらく体を前に折りたたんで(布団に前屈して)寝てから、やっと起きる。

先日、娘が入って来て驚いて言った。
「びっくりするがね~。。。」
「だって、息苦しいから仕方ないでしょ~?」

わたしにとっては、一日一日が大変だ。

本当にウツが来ないだけでも、十分感謝だ!


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

今のわたし

2010.10.16(00:22) 473

この頃、楽しみにしているテレビ番組がない。

娘と韓ドラのDVDは観るが、やはり合わない。
あのテンポと、演技の特徴と…。

洋ドラマは、好きだったが、最近興味が薄れて来た。
もちろん、日本のも…。

これは、多分ドラマの内容の問題ではなく、自分自身の問題なのだろう。

まあ、ウツ状態は何事にも興味を失うのが特徴だから、仕方ない。

でも、イエスさまに対しては興味がなくなる事がない。
それどころか、イエスさまにしか関心がなくなって来ている。

わたしの、今!にいつも一緒に居ることが出来るのは、イエスさまだけだから。。。


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

恵みに感謝!

2010.10.15(00:01) 472

3日前から、ウツ状態が緩和している。

今日は、夕方には心が
「感謝します!」
「感謝します!」
と言っていた。

普通であることの幸せ。

「普通」の定義は難しいが、「普通であること」は、
決して当たり前ではないと知っている。


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


タイトル画像

願いを現実に

2010.10.05(18:05) 471

SFドラマや映画が好きなので、よく観ている

最近多いのは、ターミネーターのような、人間が作った機械(ロボット)が反逆?して、戦うと言った話。
人が作ったコンピューターを制御出来なくなって、コンピューターに支配されてしまう系の話は、遠い世界の話ではないからかな?

異星人が征服来る!って話よりも多い。
おそらく、異星人の可能性よりも、ロボットの方が将来的にリアリティがあるからだろうと、私は思っている。

もうすでに、人間は自分たちの作った物を支配仕切れなくなって来ている。

ところで、私は違う楽しみ方もしている。

最初のスタートレックの通信機(トランシーバーのようなもの)が、現在の二つ折り携帯に似ていること
耳に当てては話さないが…。

次に、コンピューター操作が最初はボタンのようなものだったのに、後にはタッチパネルになっていること。
音声認識ソフトによって、操作がいらない。

また、レポートや読書が、今のまるでiPadだ。

さすがに、転送装置(人や物を再物質化して運ぶ)や、フードレプリケーター(食べ物を作る装置)は先の話だろうが、人間の創造力は、神さま譲りのスゴいものだと、関心してしまう。

人間は、神さまの形に似せて創られたからだな~。


↓応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

■ぴーちのきながな毎日■


2010年10月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 旅人の帰国(10/31)
  3. 違い(10/24)
  4. 幸せの基準(10/23)
  5. 今のわたし(10/16)
  6. 恵みに感謝!(10/15)
  7. 願いを現実に(10/05)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。