■ぴーちのきながな毎日■

不安神経症うつ症状、パニック障害を抱えつつオークションをしています。恵みによって生かされてるクリスチャンの日記です!

アーカイブモード [2007年09月 ] 記事一覧

ベルトをしめよう!

今日は恐らく良いお天気になるだろう。。。と予測してショートパンツを穿いた。がっ( ̄▽ ̄;)!予想に反して雨が降り寒くなって来た。私が今日穿いていたショートパンツは、カーキ色で友人のリサイクルショップで、一目惚れして買ったものだ。ブランドも良いし、ポケットも面白かったので、即買いした。いつもなら試着するのだが、夫が一緒にいたので急がすし、サイズ表示が(1)…大体7号位、小さいはず…だったので、迷わず買って帰っ...

将来の夢

わたしには、随分前から「将来の目標」なるものがなく、今までは不思議にも思わなかったが、近頃ちょっと気になって来た。小さい夢は、かなって満足している…自分の部屋に、手すりのないシンプルなベッドを置いて、チェストの上に花柄のタッチライト…これは友達からもらった。ちなみにベッドは息子から5000円で買った(笑)。27000円くらいの物だから、まあいい。息子がバイトしていた頃に買った。我が家は自分の物は自分で買う…と言...

近頃、花を見るようになって来た。年とって来たからではない。実はもう一つブログを取得してしまったので(取得するのが趣味らしくて)、そこに書き込みする時は、画像がないと気が抜けたみたいになるからだ。もちろん、我が家にはもらった花しかないので、実家や隣家(笑)教会からパチリといただく。花はいいな。イエスさまも花を見なさいと言われた。何も心配しなくても、綺麗な服を着せてもらっているから…。栄華を究めたソロモン...

思い煩い

「何事も思い煩ってはならない。」(ピリピ4:6) ↑↑クリックするとデカクなりますよ(゜▽゜*)隣の庭のですが・・・(笑)寝てたら急に「あなたの重荷を主(イエスさま)に委ねなさい」と言う思いが来た。特に深刻な悩みがあって、思い煩っていた訳ではないが、元々とても深々と考える方である。それが発展して思い煩いになる事がある。また、深く探求する性質がある。それは、なんと長年生きて来て最近知った(笑)。オークションをしてい...

気分爽快\(^O^)/

昨日の朝は不思議な朝だった…。目覚めがスッゴい気分が良かったからだ。夢は、何だか怖い夢だったような気がするのに、気分は爽快だった(o^-^o)。不思議……。毎日、いろんな日があったかと思えば、今日みたいにフツーの日も合って、また感謝!だ。結局、みんな感謝だから、クリスチャンって特だと思った。。嫌な事や試練も、益と変えられるから本当の意味でマイナスな事はない。若い時の苦労はしとくもんだ。ってどんな苦労じゃ?「...

イエスさまを呼ぶ人

クリスチャンになったら、何も誘惑に合わず、問題もなく、苦しみも試練もなくなる…何て言う人がいたら、その人は本当のクリスチャンでないか、聖書をまだ読んでない人だろう。イエスさまでさえ、誘惑に合われたのだ。ただ、誘惑に乗って罪は犯されなかったが…。今日はあまり調子が良くないとは思ったが、気分転換に、三刀屋のリサイクルショップまで行って来た。出てすぐに後悔した…遠い(笑)引き返すのも面倒なので、行ったが。岐...

インフォメーション~!

こんにちは~いつもブログを見て下さってありがとうございます。★ぴーちのきながな掲示板★を作ってみました。HPの玄関から入れますよ。アダルトはです何でも良いですから画像をどうぞ~では、今からに行ってきま~す...

解き放たれて…

私が中高生時代に悩みだったのは、意外にも家庭の事情ではなく、自分自身の性格など自分に関する事だった。私はいろんな劣等感を持っていた。容姿と性格が一番大きなものだったように思う。家庭が喧嘩の絶えない事も惨めに思っていた。私は高校生の時には、結婚出来ないかも知れないと、かなり真剣に思っていた。それ以上に私には、性格の悩みがあった。明るい…なのに暗い…社交的…友達もいて交換日記もしていたのに、孤独な気持ち...

プチ命がけの愛

子育てと言うのはままならないものだ。もう我が家は21才と18才の子供とは言い難い子育てながらも、まだまだ確かな道に導く使命があると感じている。娘の方は、名古屋の教会に行き、一人暮らしの中の短大暮らしだから、自分で考えて決めて行動せざるを得ない状況なので、親としても祈るばかりである。しかし息子の方は、一筋縄では行かない。夕べは、彼が私にふっかけて来た。内容は重要ではないが、私が動揺するか?本気か?私の弱...

瞬間移動…。

彼女はいつも、鉄棒の前に立っていた。彼女はいつも大人しく賢かった。何となくそこにいて、何となく前を見ていた。大人は思った…よい子だからだろうと。意思はどこかに置いて来たのだろうと。時が過ぎて、みながバラバラに別れて、彼女の事も、忘れさられた。きっと、どこかの大学生になって、しっかり者の看板をしょって頑張ってるだろうと。しかし彼女は突然私の前に現れた。ひとりの賑やかな孤独な少女として。たくさんの過去...

許しの恵み

最近主人とよくする言葉が…。「またかぁ~(-_-;)よく見つかるねぇ。次から次へと…。」ニュースを聞いているとすぐに気付かれると思うが、不正がドンドン!暴かれているのだ。一昔前だったら、「そんなこと誰でもしてるよ~」と暗黙の了解だったに違いない。税金(公金)を自分のお金と、勘違いする人が多い。故意に…かな?ところが最近は「秘密!&当然でしょ。」と当事者に思われていた悪事が、面白くないように(造語)暴れて来て、...

迷子の羊

数日前に寝ようとしたら、なぜか?なかなか寝つけなかった。理由は、その日にいろんな人と話したので、その内容が頭の中をグルグル回っていたからだった。 おそらく、普段はほとんど決まった人にしか会わないのと、ちょっと問題を抱えていたので相談したりして、頭がパニックになっていたせいだろう。 その事は、それ以上考えても仕方ないので、イエスさまにお任せしようと思っていたのだが、全然関係ないカラオケの話しやら、お菓...

溶かす愛に・・・。

荒涼とした砂漠で乾燥した石ころを蹴っていた時、私は恐ろしく孤独だった。回りに確かに人の気配はあったのに、私とは無関係な世界に生きているようにかんじた。 湿気はあった…花も咲いていたはずなのに、私には乾燥していた記憶だけが脳裏に残った。子どもだったはずなのに、私は憂鬱をすでに知っていた…私は本当の意味で子どもではなかったのだ。だから…だから…だから。 私の堅くなな、心の殻を破っ...

左サイドメニュー

カレンダー(月別)

08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ぴーち

Author:ぴーち
田舎でのんびり生きている私ぴーちの、のんびりした毎日です。
不安神経症を抱えつつ、洋服のオークションとフリマをしています。

最近の記事

右サイドメニュー

月別アーカイブ