■ぴーちのきながな毎日■

不安神経症うつ症状、パニック障害を抱えつつオークションをしています。恵みによって生かされてるクリスチャンの日記です!

Archive [2007年06月 ] 記事一覧

人の知恵と神の知恵

↑は、ご存知パキラ…。しかし、ただのパキラではない。100均のパキラなのだ!(^^ゞ実は、このパキラを一度枯らしてしまった。私が岐阜の娘のところに行っている間、面倒をみる人が居なくて、パキラだけでなく他の観葉植物も虫の息だった。でもパキラは只の水好きではないので、適当に…ホントに適当に水をやらないと枯れてしまう。他の観葉植物は、ほとんど水をたくさんやれば復活する。しかし、パキラだけはカパカパになって乾いて...

内面の罪の許し

先日、甥の示談が成立した事によって、この交通事故は一応の解決となった。主人と私は間に入って当事者以上の心労もあった。それは被害者に細心の配慮をしつつ、加害者の長い人生について考え合わせて対処しなければならなかったからだ。甥は元々天真爛漫な性格で、純真な面と全体を見渡す事の出来ない若さがある。それは仕方ない事だが、これからの人生に負って行かなければならない、どうすることも出来ない過ちと共に生きて行く...

ナイチンゲール

昨日は、母と病院に行ったり、あちこちした。その病院の文書センターの前に↑のナイチンゲールが立っている。多分どこにでもあるナイチンゲールだろうと思うが、病院に来てこれをマジマジと眺める人は少ないだろうと思う。正面玄関の左側にドン!と立っているのにである。私もこの病院には嫌と言う程来たし、文書センターにも何度も足を運んだのだが、彼女には気付かなかった。孤独な少女だなぁ…関係ない(-_-;)ところで本題に入ろう...

人の深層

今日は運転免許センターに来ている。↑はセンター内にある。人間の形って芸術的なんだ~と感心した。ところで、なぜここにいるのかと言うと、先日スピード違反をしたからではない。息子の免許更新のためだ。が、なぜ?私まで着いて来ているかと言えば、更新日を遥かに越えてしまったから、運転出来ず私が連れて行く羽目になったのだ(苦笑)。普通忘れるかぁ~??はい!息子ならあり得る…(-_-;)ところで、教習所に通っていた時に、適...

どんな時も決して。

近頃…病気が良くなって来た頃からだろうか?…私はいろいろな事を委ねるようになった。「何かをこうしなければならない」とか「絶対こうなって欲しい」とか「こうあらねばならない」などなどの気持ちがほとんどなくなった。それは、あの前が余りに苦しかったからかも知れないと思う。勿論、祈りや願いはある。そして、どうでもいいと思っている訳でもない。投げやりな気持ちでいるのではないが、距離もきちんと置いていてリラックス...

食料危機?

昔…昔…本当にけっこう昔二十年ほど前に、将来「食料危機」が来ると聞いた事があった。その時は、「まあ、いつか来るかもね~」と思って呑気に聞いていた。そして、それは天候不順か何かで、作物が出来なくなるか?中国あたりで人口が爆発的に増加して輸出出来なくなるか?だろうと思っていた。確かに、その要因はこれから起こりうる大きな問題であると思う。しかし、最近のとうもろこしをエタノールにすると言う計画は脅威的?な勢...

感謝の力

今年に入ってからだど思うのだが、私たち夫婦は「感謝します!」が口ぐせになった。何がきっかけだったか?は二人とも忘れてしまった。ただ、去年が言葉に出来ない程に素晴らしい年だったので、年末に「来年は、更に感謝の年にしよう」と言っていた覚えがある。最初は取って付けたような言葉だったが、最近では「イエスさま感謝します…」が口ぐせになっている。特に苦しくて苦しくてたまらなかった時に、ため息を大きくついて(実は...

きっと大丈夫!

人間の中にどうしようもなく染み付いている思いは「ちゃんと出来たらOK!だけど失敗したらダメな奴だ(-_-#)」と言う思いだと思う。私たちは、そのように育てられて来たし、学校も会社も家庭も社会全体が、その価値観で心を占領してしまっているからだ。しかし、実際、本当にダメだと断言出来る程に悪い事は、実社会では少ない。果たして絶対に!絶対に!絶対に!ダメな事は、どれくらいあるだろうか?私が昔住んでいた町営住宅の階...

じゅうたんの裏側

近頃、昔意味がわからなくて苦しんでいた事の意味が少しづつ紐解けて来ているような気がする。「なぜ?叱られたのか?」「つじつまが合わない」「どう理解して、自分の中に治めていいか分からない」そんな事だらけだった。だから、叱って下さった方を恨んだりにくんだりしてしまった。勿論、今でも理解出来ない事はたくさんある。しかし、ひとつひとつ少しだけど分からせていただいている。私を叱って下さった方にはもう会う事はな...

「ありがとう」の恵み

この所、元気満々で毎日のようにレボンに出勤したり、オークションの画像を撮ったり、バタバタしている。数年前に妹が入院した時には、手術の日にしか行けなかった事を思えば、今はとっても!元気だと言える。最後まで私が元気になった事に気付かなかった息子でさえ、「うん、元気になったね~」と認めざるを得ないくらいに、明るく元気だ。息子が最後まで気付かなかったのは、勤務の関係であまり会わなかったからだ。でも、今日言...

最期の日

人は自然に「自分だけは死なない」とか「自分だけは不治の病にはならない」と思い込んでいる事が多い。特に若い時には、尚更だろうと思う。私がこの話しを初めて聞いたのは、アリスのライヴのレコードだった(あまりに古い~)ように思う。その時、谷村さんは確かこう言っていた。「人は自分だけは死なないとか、自分だけは年を取らないとか思ってしまいますね。でも、いつかそう言う時が誰にも来ます。『♪老人』聞いて下さい。」確...

それぞれの人生

娘を見送った。もう私は泣かない。なぜなら、彼女はもう自分の足で歩き初めているのだと分かったからだ。大学生活の勉強とバレーボール…教会生活…バイト…。彼女には彼女の新しい生活があって、新しい未来に向かって歩んでいると知る事が出来たから、私も泣いている場合ではない。私は私で、今生かされている時に大切な事を祈って行こうと思った。何から初めていいか?はまだ分からないが、自分に与えられた使命があるのなら、精一...

家長(娘の帰省)

昨日の朝、娘が帰って来た。母のお見舞いのために、強行スケジュールで帰った。夜勤明けの息子が自分から迎えに行くと言って出かけた。何気に二人は仲が良い。それは昔からだった。普通は男女の兄弟はあまり話さないとか、一緒に遊ばないのが普通なのに、彼らは年をとっても仲が良い。そして相変わらず、私は娘に振り回される事になったのだが、以前とは違う。私は元気o(^-^)oなのだから…。お昼寝はしたものの、あちこちしたりパソ...

ひとりの時間

先日からマイルームを作っている。元々あった部屋だが誰の物でもなかったので、エアコンの季節を前に(主人の部屋にはエアコンがないので…)、私がインテリアを変えて自分の部屋にした。息子が高校の時にバイトして買ったベッドを5000円で買って(我が家は親子でも売買契約がある・笑)、カーテンをベージュに薄いピンク系の花柄に変え、娘が置いてった台の上に花柄のタッチライトを置いて、椅子の上にCDラジカセと薬と聖書と携帯。「...

さよならZARD…

ZARDが亡くなって、しばらく経った。私はほとんどテレビを見ないので、どういう事が起きたのか?私には分からない。私は、おそらくZARDが、ヒット曲を出した少し後で、ファンになったのではないかな?と思う。きっかけはヒィールドオブビューの「DANDAN心ひらかれてく」(ドラゴンボール主題歌)から、まずはヒィールドオブビューのファンになり、その曲を作っていたZARDのファンになった。当時、音楽に飢えていた私はバックナンバー...

あなたは高価で尊い

昨日、母はペースメーカーの手術を終えた。母は私と一緒で、見かけは明るく強くたくましく?見えるが、見えるだけだ(笑)。心臓の病気だと分かった時点で、病気になった。。。人間とは、不思議なものだ。診断される以前から既に病気だったはずなのに、元気ハツラツo(^-^)oだったのだが、診断を受けてから急に「気分が悪い…」と言い出した。その、あまりの変わり様に甥が「おばあさんは極端だねぇ」と言っていたらしい。私と妹は、母...

アニメ鑑賞

最近、息子に薦められて…と言うか?限りなく強制に近い…「コードギアス反逆のルルーシュ」と言うアニメを見ている。最初の設定はガンダムSEEDにとてもよく似ているが、中身はかなり違う…らしい(全部観ていないので)。それぞれの人たちが、愛する人たちを守るために戦う。守るために戦うのに、実際は多くの犠牲者を出してしまうと言う矛盾に苦しみながら、親友同士が戦う話だ。がっ!まだ全部観ていないので、もっと深い話のようだ...

母に…

母は小さい頃、天真爛漫な子どもだったろうと思う。なぜなら大人になった今でも、子ども達と対等にゲームして遊ぶ。付き合っているのではない。真剣に楽しんでいるのだから…。もう少し孫達が小さいときには、よくゲーセンにも行っていた。私は運転手役で、待たされて苦しかった位だったが、母は一緒に遊んでいた。そしてコインを一番たくさん貯めるのも母だった。母の結婚生活は決して幸せとは言えなかった。父とのいざこざが絶え...

ご案内

カレンダー(月別)

05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ぴーち

Author:ぴーち
田舎でのんびり生きている私ぴーちの、のんびりした毎日です。
不安神経症を抱えつつ、洋服のオークションとフリマをしています。

最近の記事

右サイドメニュー

月別アーカイブ